NEWS

「横澤一彦教授 特別講演会」を日本国際学園大学(現:筑波学院大学)にて1月27日に開催いたします

~欧米でベストセラーの翻訳本 刊行記念~

日本国際学園大学(現:筑波学院大学) 教職員および在学生対象の講演会のお知らせです。

「横澤教授 特別講演会」

欧米でベストセラーの翻訳本を刊行! 今話題の「マインドワンダリング」の効用を読み解きます。

【日時】1月27日土曜14:00-15:30

【場所】日本国際学園大学(現:筑波学院大学)1階 AL1教室

【参加対象者】日本国際学園大学(現:筑波学院大学)の教職員および在学生

※変更になる際は、詳細をHPにアップいたします。

この度、横澤教授が翻訳された『マインドワンダリング』が出版されました。出版にともない特別講演会を開催いたします。

横澤教授と原書著者モシェ・バー氏は25年来の友人です。世界的に著名な科学者である著者と、日本を代表する心理学者である横澤教授の手により、原書『Mindwandering』(欧米でベストセラー)の日本語版が昨年12月に発売されました。

今回特別に、本の内容に関する講演を本学の教職員および在学生に開講いただく運びとなりました。マインドワンダリングとは、私たちが起きている時間の47パーセントを占め、白昼夢を見たり将来を心配したりといった不随意の活動を指しています。これらについて、ご説明いただきます。心理学に興味のある方は必聴です!

※オンラインでの開講はなく、対面での講演会となります。

お問合せ:広報課 nyushi@tsukuba-g.ac.jp

本に関する詳細は、以下リンクをご参照ください

NEWS 横澤一彦教授 翻訳本刊行 『マインドワンダリングーさまよう心が育む創造性』(著モシェ・バー、勁草書房)

訳者:横澤一彦教授 略歴

1956年生まれ。東京工業大学大学院総合理工学研究科修了。NTT基礎研究所主幹研究員、南カリフォルニア大学客員研究員、カリフォルニア大学パークレイ校客員研究員、東京大学人文社会系研究科教授を経て、2022年に定年退職し、現在東京大学名誉教授、日本国際学園大学(現:筑波学院大学)経営情報学部教授。工学博士、認定心理士。認知心理学、認知科学の分野で、国際的に高い評価を受けている多数の学術論文を執筆しているほか、単著の「視覚科学」(勁草書房)、「つじつまを合わせたがる脳」(岩波書店)、「感じる認知科学』(新曜社)に加え、多数の編著書がある。

オープンキャンパス2023 資料請求